有機栽培と無農薬の違い

有機農業で育てられた野菜や果物を有機栽培と言います。有機農業と表示するには農林水産省によって定義が決められたおり、2年以上化学合成肥料を使わずに栽培されたことや、遺伝子組み換えでない種子を利用していることが挙げられます。一方、無農薬栽培で作られた野菜や果物は、名前の通り、農薬を一切使用せずに作られる作物を指しています。有機農業のように、認証制度はなく、肥料に関する言及もされていません。どのような肥料を使っていても農薬さえ使用していなければ無農薬として表示されてしまうのです。

一見すると、さほど大きな違いが見られないような気もしますが、有機農業で育てられているものと、無農薬栽培ものには大きな違いがあるのです。最近では、消費者が誤解を招かないように『無農薬』や『無化学肥料』という表示は農林水産省によって表示禁止事項として挙げられるようになりましたが、現在でもこのような表記は乱用されているのが現状です。

農薬を使っていないと言えど、化学肥料が使われていたり、土壌の中に農薬が染み込んでいたりすれば無農薬であるとは言えません。本当に安心なものを食卓に並べたいのであれば、無農薬と有機栽培の違いをしっかりと理解しておく必要があります。